とりあえず、BLが好きってことで。。たまに危険なので、BL苦手な方は避けて素通りよろしくです。*注*ネタバレありです。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よろしければポチッと→blogram投票ボタン
  • スポンサー広告
  • 2009/04/09(木)10:26
    教授の密かな愉しみ (ラキア・スーパーエクストラ・ノベルズ)教授の密かな愉しみ (ラキア・スーパーエクストラ・ノベルズ)
    (2003/03)
    剛 しいら

    商品詳細を見る


    『教授の密やかな愉しみ』…勅使河原教授の所有物…ペット・家具・奴隷。。もっとSM色が濃いのかな~と少しビビリながら読み始めましたが、エグさはなく、むしろ教授がドンドン素敵に思えるからヤバイw

    ということで中身拝見♪
    【ペット】

     沢田天根は成績優秀でマジメな大学生。だが見た目はお世辞にも「カッコイイ」という言葉からかけ離れていた。前いつカットしたのかわからないくらいボサボサに伸びた髪、高校時代から着ている私服、極度の近視のためにかけている黒縁の眼鏡。

    そんな天根が大学で経済学を教えている勅使河原教授の手によって、「毛虫が蝶になるごとく」美しく変貌していく。最初は教授の自宅である洋館で書庫の整理のバイトだったのだが、夜になると薬を盛られ、眠っている間に玩具で悪戯されていた。そして天根がそのことに気付いたとき、天根のカラダは激しく教授を求めるようになっていた。

    そして天根は真実を知ってもなお、ペットとして教授の側で全裸で鎖に繋がれながら可愛がられることを自ら望んだのだった。


    【家具】

    人気タレントの健城直也は、常にファンに追いかけられていた。自宅マンションの前にはたくさんのファンで溢れ、窓からの夜景や景色が気に入って購入した自宅マンションでも窓辺に立つことさえ出来ずにいた。そういったいろんなストレスからキャバ嬢と一夜限りでベッドを共にしたのだが、それさえも週刊誌にすっぱ抜かれてしまう。

    そんな「常に見られ私生活さえ晒される男」が教授と出会い、〔家具〕として調教される。部屋のそこにあるだけ…の家具〔椅子〕としての使命感にもえていく。『不要になった家具は廃棄するだけ』『身の回りのものは美しいものしか置きたくない』そんな教授の思いに応えるため、そして教授に腰掛けられても平気で支えられるよう己の筋肉を鍛えることさえいとわなくなる。

    あるとき、教授がペットの天根を伴ってやってきた。『ココにはいま私と天根しか居ないよ』と囁きながら教授が天根に愛撫する。四つん這いになっている〔ヒト〕が、椅子という〔家具〕であると理解した天根は〔椅子〕に気遣いつつ教授に愛される。そして自分には愛撫ひとつ施されずとも、教授が体位を変えるために動かす天根からの背中に受ける刺激だけで〔椅子〕は2度も射精してしまう。

    〔家具〕でいることは「見られることに疲れた男」が「見られない快感」で自分自身を解放できる場であり、『魂の解放』になったのだった。


    【奴隷】

    ある日、教授のもとに怪しい招待状が届く。『同伴が可能なのは奴隷だけ…』その文面に天根は『自分を奴隷として連れて行って欲しい』と教授にせがむ。教授は〔ペット〕として同伴することを天根に許可する。それでも天根の寂しげな表情は緩むことがなかった。天根の求めていることがわからない教授に『愛してほしいだけです』と本音を口にしてしまう。そんな天根に教授は怒りをあらわにし『ペットは飽きれば捨てられる。醜くなれば用はない』と言い残し、1人で部屋に戻ってしまうのだった。

    1人泣く天根の元に執事の青砥がやってきた。教授の生い立ちを語り、自分は元は教授の祖父の奴隷で、祖父から孫である教授へ譲られたことなどを明かす。『自分は鞭に陶酔し、痛みに喜び、屈辱に誇りを感じる。汚物にまみれても恍惚となれる人間だ』と青砥はいい、「先々代につけていただいた」という深く抉られた傷跡を天根に見せたのだった。

    青砥からの進言もあり、迎えにきた教授は「面倒なのに、居ないと寂しい。ペットに依存するなんて私わしくないのに。こんなことを愉しむなんて…」と本音を漏らし、天根を抱かかえて自室へと戻るのだった。

    パーティ当日、教授は正装させた天根と青砥を連れて行った。入り口でチェックが行われ、天根は黒皮のベストにいつもの首輪、そこに繋がれた鎖を教授が握っていた。青砥は全て脱ぎ、性器だけが隠れるような、皮のTバック姿だった。しかし青砥の全身にはいたるところに深く抉られた「名誉の傷跡」があり、ピアス程度で飾られた奴隷達は皆、青砥の本物の迫力に気圧されていた。そして青砥の背中には天根の件を進言した際に「主人に意見した罰」として付けられた無数の赤い傷跡で飾られていた。

    そこに大物プロデューサーの服部という男が、レスラーのような体形をした若い男を従えてやってきた。「自分の奴隷がペットの天根に発情したから、少し貸し出せ」という服部に、『ペットは貸せない。それに奴隷に従うなんて主人ではない』『傷ひとつ無いからだの奴隷なんて偽者だ』などと、すこしずつ服部を追い詰めていく。そして『S』を名乗っている服部の本質が『M』であることを見抜き『偽者がマスターを名乗る資格はない』と言葉で責めていく。

    教授と服部の周りに小さな輪が出来上がり、教授は『魂の解放だよ、服部。虚飾を捨て脱ぐんだ』といいながら見事な鞭捌きで服部の上着を片袖ずつ脱がせ、シャツのボタンをも鞭で弾き飛ばしていくのだった。


    教授は密かな愉しみを幾つも持っている。
    その全てを知っているのは、教授が溺愛する、ペットである天根だけだった。


    【ペット】では「ほぉ~」と感心したり、【家具】で健城が天根をこっそり訪ね、自分の身を明かすのに『俺だよ、椅子だよ』と言った言葉にクスッと笑ってしまったり(有名タレントなのにねw) 【奴隷】では青砥の凄さに、うへっ><と言ってしまったり。。

    まぁなんやかんやと面白くて一気に読んだ作品でした。
    しいらワールド(*^ー゚)b グッジョブ!!
    そしてSが調教するのに〔家具〕というジャンルがあることを初めて知った紅月さんでしたw


    よろしければポチッと→blogram投票ボタン
  • 剛しいら
  • コメント (0)件
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    最新記事
    最新のコメント★

    カテゴリ★

    月別アーカイブ

    03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  08  06  05  04  03  02  12  10  08  07  06  05  04  03  11  10  09  08  07  06  05  04  01 

    リンク
    好きです、BL♪
    なんかブログペットらしい

    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム
    QRコード

    QRコード

    検索フォーム

    Pika_Mouse

    powered by
    3ET

    プロフィール

    蒼月楓

    Author:蒼月楓
    自分が読んだBLコミックスや小説なんかを
    勝手気ままに…それこそ自己中心的に解釈し
    なにやら、ほざいております。


    blholicsougetsuをフォローしましょう
    ツイッターとFC2とMixi連動してます

    私の本棚。

    バナー


    ボーイズラブ
    専門書評サイト
    【ちるちる】
    ちるちる

    Punch↑④
    応援バナー
    punch_banner02
    Punch↑③
    応援バナー
    Punch
    Punch↑②
    応援バナー
    Punch2
    鹿乃しうこ先生の
    個人サイト
    E-KENNEL
    愛かもしれない
    応援バナー
    愛かもしれない
    夏目イサク先生の
    個人サイト
    CHEKE-RARA
    Sprayサイト Spray
    篠崎&香坂両先生の
    公式サイト
    +sadistic-mode+

    フリーエリア

    tefutefu counter
    審美歯科ホームページ制作 大阪通販ドレスハワイ旅行神奈川区マンションネット証券登録制バイト転職するなら転職-Eそれいけ外資マン転職エージェント案内

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

     | 蒼月の独り言ー『腐』の別館TOPへ | 
    Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。